コーチング

コーチングに必要な考え方

コンディショニング

冷たい靴の中、冷たい路面、しっかりと温めてから走りましょう

冬場の路面やグラウンドの表面温度はかなり低い、また、シューズの中の足や足趾もかなり体温が下がっている。走り込みなどハードな練習をするのならしっかりと、温めてからやりましょう。
コーチング

速く動くには、重心を素早く進行方向にむける

いろいろなスタートの形からダッシュの練習をすることがあります。そのように素早く反応して、動き出すには、重心を素早く進行方向に向けることが大切です。
コーチング

先ずは、まっすぐ走ることから始めましょう

実際に、選手達は、意外と目標に向かって、まっすぐに最短距離を走っていないものです。 先ずは、まっすぐに速く走れるようにならないといけません。
コンディショニング

こんなにも小さくて、細い腕で投げているんだね

子供たちの腕を手を、じっくり見て触ったことはありますか? あんなに小さな手で。細い腕で一生懸命に投げているんです。 無理させられない!って、きっと思うはずです。
コーチング

何故、いつも同じ方向からキャッチボールをするの?

何故いつも同じ相手と、しかも同じような場所で、同じ方向からキャッチボールをするんでしょうか? 少し場所を変える、方向を変える、相手を変えるだけで、より実践に近い練習ができるんです。 そのことを考えてみましょう。
コーチング

ミートポイントからの5~10cm

ティーバッティングや置きティの練習などで大切なのは、ミート後の5cm~10cmの力強さだ
コーチング

ティーは、ネットの当たっている場所をみろ

ティーバッティングの練習ではどこを見ていますか?日頃の練習を、違う角度から、観点から、思考から見ることにって、また新しい何かを見つけることが出来るかもしれませんよ。
お悩み相談室

技術練習、今やらないでいつ追いつくの

冬の時期、体力を強化することはとても大切です。しかしやらなければならないことはあります。
コーチング

あなた、それやったことあるの。できるの。

メンタルトレーニングをはじめ、いろいろな、パフォーマンスに影響を与える研究が進んでいる。しかし、選手ではない私たちが忘れてはならないものがそこにはある。
コンディショニング

かっこよく走る、これが全ての基本

スポーツにおいて、しっかりとしたフォームで走るというのはすべての基本です。それが出来なければ、将来技術の向上は難しいでしょう。しっかりとしたフォームで走れるようになるためにもっと、時間を割くべきです。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました