組織を動かすコーチング

組織を動かすコーチング 組織を動かすコーチング

スポーツのみならず、組織を動かしてしていくためのコーチング

組織を動かすコーチング

高校野球。何故?そんなに新入部員をしごくの?わざと?辞めさせるため?なめられないため?

何故日本のクラブ活動や、チームは新入部員に対して、むちゃな体力強化や走り込みをさせるのでしょうか。 体力レベルも把握しないまま、故障者を激増させるしごき。もういい加減にそんなことはやめてもらいたい。 大切な子供たちをしっかりと育ててほしい。
組織を動かすコーチング

子供たちには、野球も大切だが、勉強もそれ以上に大切なんです。

少年野球などをしていると、勉強の部分がおろそかになってしまう事があります。 しかし、子供たち学生の本文は、勉強です。指導者はそのための時間と体力の余裕を与えてあげなければなりません。
組織を動かすコーチング

お茶当番ってそんなに必要?

少年野球の保護者の負担。お茶当番は本当に必要なのだろうか。
組織を動かすコーチング

怪我をして練習に参加できない選手をどうしていますか?

怪我をして練習に参加できない選手をどうしていますか? 怪我の部位、程度によってももちろん異なるのですが。 今回は、リハビリという事ではなく、 チームとしてどのように 怪我の選手について対処していくか。 怪我...
組織を動かすコーチング

座学を積極的に取り入れましょう。

グラウンドだけではなく、積極的に座学を取り入れましょう。 座学によって、頭で理解する事により、時間・体力の無駄を使うことなく、より効果的に練習することが出来るようになります。
組織を動かすコーチング

ベンチの控え選手はどうあるべきか。

ベンチの控え選手はどうあるべきなのか。 チームが強くなる、また自分も成長することが大切。
組織を動かすコーチング

指導者は何のためにやってるの?

小学校からやり過ぎじゃないですか? 私の住む地域の、 小学校軟式野球チームの1年間の試合数は、 だいたい、140試合ぐらいあるらしい。 大会は27大会ぐらい。 これって本当なのでしょうか? まさかとは思いますが。 練習試合...
テキストのコピーはできません。