かっこよく走る、これが全ての基本

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コンディショニング

あらゆるスポーツにおいて、いいフォームで走ることができることはすべての基本だと思います。

かっこよく走ることができるということです。

例えば、プロ野球選手で、格好悪い走り方の選手いますか?

高校野球で、甲子園に出場している選手のレギュラーでかっこ悪い走り方の選手いますか?

サッカーワールドカップ出場選手の中に、ドタバタ走る選手いますか?

ラグビーワールドカップ出場選手の中に、格好悪い走り方の選手いますか?

NBAのバスケット選手に変な走り方の選手いますか?

ということは、それが答えなんです。

 

例えば、野球。いくら打ったら遠くに飛ばせても、走ることがドタバタの選手は、そこまでということです。

いくら、子供の時に、速いボールが投げることが出来ても、悲しいかな、そこまでということです。

私も今まで、何百人もの、プロ野球選手を見てきましたし、アマチュア選手も見てきました。

もちろん、体育大学出身なので、学生の頃から、いろんな種目のスポーツ選手を見てきました。

もちろん子供たちも、たくさんたくさん見てきています。

もちろん、走り方の前に、歩き方も大切です。いつも私は、そんな、歩き方・走り方を常に何気ないふりしてチェックしています。

 

そして私は、今までの経験上、いろんな人達から、

「あの選手どう思いますか?」

「あの選手良いと思いますか?」

「あの選手、うちのチームに誘おうと思うのですが、どう思われますか?」

「うちの子供、どうですか?」

と、本当によく聞かれます。

私は、「まぁ。そうですねぇ。ウォーミングアップの動き見たらわかりますよ。特に走り方。」

と答えます。

走り方の悪い選手に関しては、保護者さんには、はっきり言いませんが、私の頭の中では、『これはちょっとしんどいな。』と思ってしまいます。このままの状態では、将来、伸びる気がしないのです。

逆に、その時点で、まだまだ野球が上手くなくても、すごく格好よく走る子供に関しては、

「今はまだ、野球の方は、まだまだですけど、良い指導者について、一生懸命練習すれば、きっといい選手になると思います。」と答えます。

将来がとても楽しみなのです。もしかすれば、野球以外でも、活躍するかもしれません。

特に、短い距離を走った時の、身のこなし方を見ていると、一目瞭然。

すべての答えがそこにあります。

短い距離を走った時の身のこなし方が、ドタバタしていたり、足が全然動いていなかったり、身体がふらふら、ぐにゃぐにゃな子供に関しては、そのあと、いろんなエクササイズをやらしても、全然ダメなのです。動けないのです。

と言う事は、将来の子供の成長を考えていく場合に、何を最優先にして練習をしていかなければならないかということです。

今のままで、ランニングフォームを改善せずに、いくら練習しても、野球がそれほど、上手くなってはいかないということです。

「あの子は、小学校の時が一番よかったなぁ。」ってなってしまうのです。伸びないですから。

 

基本中の基本なんです。

もっと、日頃の練習に、いいフォームで走れるようになるために時間を設けなければなりません。

ただ、○○m ○○本 走った!

と言っても、悪いフォームで走っていたら意味ありません。しんどいだけ。時間の無駄。

しかも、走れせれば走らせるほど、故障しますよ。

フォームを無視して、数ばっかり走らせるのなら、将来のために、時間をかけていいフォームで走れ

るようになるための練習をしてください。

今、この子たちに、何に時間をかけて、やらせておくべきなのかを考えてください。

私は、その中のトップは、短い距離のランニングフォームだと思います。

私なら、そこに時間をかけます。将来のために。子供のために。

 

野球界では、よく問題になりますよね。

『走り込みの是非について。』

私からすれば、走り方が悪かったら、どんな練習やっても、効果なんかないです。

良い走り方ができて、初めて効果があるんです。

もっと走り方に、重きを置いてください。注意を払ってください。時間をかけてください。

今、あなたが指導しているレギュラー選手が、もし走り方がドタバタで、格好悪いなら、次にいくらハイレベルのチームに進学していくことになっても、レギュラーを取ることは難しいのではないでしょうか。

私がチームの指導者なら使いません。それ以上伸びないこと知っていますから。

走れない選手は使えないですね。

もちろん、スピードには個人差があり、速い・遅いはあります。

しかし今回は、スピードの問題ではなく、その選手の最大限の力が発揮できるような走り方が出来ているということが重要なんです。

しっかり、腕を振り、体幹がぶれず、脚も力強くしっかり動いていることが大切なのです。

この基本的な事すらできないで、しっかりとした技術が習得できる事などありません。

基本の前の基本、あなたの選手はできていますか?

 

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました