2019-03

スポーツあれこれ

火のないところに煙は立たず。指導者は、いつまで、せこい、汚い野球を子供たちにやらせるんだ!

サイン盗み。相手投手への罵声。相手選手への批判。 そんなことばかり率先してやっている、指導者は、早くやめてくれ! そんな指導者は、子供たちを指導する資格はない。 学生野球は、プロではない。教育の一環だ。
スポーツあれこれ

絶対してはいけない!ヘッドスライディング・ダイビングキャッチ!

生を変えてしまうほどの危険なプレー。野球でのヘッドスライディング・ダイビングキャッチ、この危険すぎるプレーを回避してほしい。
スポーツあれこれ

高校野球、強豪校を考える。

選抜高校野球が開催されている。甲子園には、強豪校と呼ばれている学校がたくさん出場しているが、今の高校野球は本当にベストなのか?今一度考える時期が来ているのだはないだろうか。
お悩み相談室

怪我をしている今だからこそ。やるべきことがたくさんある。

怪我をしてしまったのは仕方ないが、再発しないように、怪我の根本原因を探り、今にこの期間に改善しておかなければいけなりません。
お悩み相談室

息子には野球だけでなく勉強する時間も欲しいのですが。どうすればいいですか?

保護者は、子供の中学進学など、新しい野球のチームを選ぶ時に、勉強する時間も確保させたい、そんな悩みに解決策。
組織を動かすコーチング

子供たちには、野球も大切だが、勉強もそれ以上に大切なんです。

少年野球などをしていると、勉強の部分がおろそかになってしまう事があります。 しかし、子供たち学生の本文は、勉強です。指導者はそのための時間と体力の余裕を与えてあげなければなりません。
組織を動かすコーチング

お茶当番ってそんなに必要?

少年野球の保護者の負担。お茶当番は本当に必要なのだろうか。
組織を動かすコーチング

怪我をして練習に参加できない選手をどうしていますか?

怪我をして練習に参加できない選手をどうしていますか? 怪我の部位、程度によってももちろん異なるのですが。 今回は、リハビリという事ではなく、 チームとしてどのように 怪我の選手について対処していくか。 怪我...
組織を動かすコーチング

座学を積極的に取り入れましょう。

グラウンドだけではなく、積極的に座学を取り入れましょう。 座学によって、頭で理解する事により、時間・体力の無駄を使うことなく、より効果的に練習することが出来るようになります。
組織を動かすコーチング

ベンチの控え選手はどうあるべきか。

ベンチの控え選手はどうあるべきなのか。 チームが強くなる、また自分も成長することが大切。
テキストのコピーはできません。