子供たちには、野球も大切だが、勉強もそれ以上に大切なんです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
組織を動かすコーチング

小学生・中学生の子供たちにとって、

一番大切なのは勉強です。

もちろん勉強以外に様々な社会のルールや

人間関係など、たくさんの事を学び経験します。

そんな中でも、やはり学業は最も大切なことだと私は思います。

しかしながら、野球チームを運営している立場の人は、

そのことを重要視しているのでしょうか。

特に小学生の場合、まだまだ体力もないのに、

一日中、週末の練習に参加させていては、

勉強の方がおろそかになっているのではないかと思います。

体力を少し温存させて、

帰宅させてやることも必要な事ではないでしょうか。

特に、夏のシーズンについては、

夏休みで時間があるからといって、

長時間炎天下でプレーさせているチームをよく見かけますが、

大人であっても体力の消耗がひどいのに、

ましてや子供は炎天下でプレーをしているのです。

もともっと考えていかなければなりません。

効果的に、集中してできる練習メニューを作り上げることが

指導者に求められます。

心と体のエネルギーを残して、

練習を終える勇気を持ってください。

その勇気ある行動が、勉学の時間を作り、

身長を伸ばすためのエネルギーの貯金として使われるのです。

子供たちを、野球だけでなく、もっともっといろんな形で

大きく大きく育てていきたいものです。

赤川貴弘 読者登録

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました