座学を積極的に取り入れましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
組織を動かすコーチング

急な雨のため、

練習場所がなかなか確保できない時があります。

そんなときや、また、練習スケジュールを調整して

時間を確保できるのなら

是非してほしいのが、座学です。

グラウンドではなく、立ったままではなく、

教室や会議室など、ちゃんと部屋を確保して

椅子に座って、話を聞くのです。

内容はいろいろあっていいと思います。

例えば、

チームの考え方、監督の考え、練習の意味

技術論、ルーる説明、メンタルトレーニング、

コンディションング(運動・休養・栄養)

トレーニング論など内容はいろいろ考えて。

子供たちやそして時には保護者に対して、

頭の中で、一度考える機会を設けることは

非常に大切です。

しっかりと頭の中で理解してから、

グラウンドで練習することにより、

無駄な時間・無駄な体力を使うことなく、

効果的に練習ができるようなります。

座学する指導者の方も、

人に話すことにより、

自分自身も、あらためてそのことについて

理解を深めることになります。

もうすぐ、各チームにも新しいメンバーが

入部してきます。

その時から計画的に

座学を取り入れてみてはいかがでしょうか。

赤川貴弘 読者登録

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました