少年野球と怪我

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コンディショニング

スポーツにとって、怪我はある程度つきもんです。

どんなに注意しててもしてしまうときはあります。

それをいかに未然に防ぐかがコンディショニングです。

コンディショニングが上手くできていないと、怪我をしてしまう

確率は増えてきます。

ではコンディショニングとは何かというと、整えるです。

心も体も整える。

心だけでもダメ、身体だけでもダメだと思うんです。

良い心の状態があるから、健康でいられるし、健康で

いられるから、心が安定すると思います。

ではコンディションを整えるためにはどうしたらいいでしょう。

コンディションニングの基本は3つ。

栄養・休養・運動です。

この3つのバランスが崩れるとコンディションを崩します。

この3つのバランスを維持することが大切です。

どれもおろそかにしてはいけません。

結構皆1つぐらい、おろそかにしていることが多いんです。

これは、子供の場合だけではなく、またスポーツをする人

だけの問題でもありません。

ビジネスマンも主婦も、高齢者も同じです。

そうなってくると、大人の方も1つぐらい適当なものが

あるんじゃないですか。

では、簡単に一つずつ見てみましょう。

1・栄養

偏った食事はしていないだろうか。

好きなものばかり食べていないだろうか。

お菓子やジュースばかり食べたり飲んだりして、

食事をちゃんととれているだろうか。

適切なタイミングで捕れているだろうか。

強制的な2合飯・3合飯など、極端な食事をしていないだろうか。

2、休養

夜の22時ぐらいまでには就寝しているだろうか。

熟睡しているだろうか。

睡眠時間はしっかり確保しているだろうか。

寝具は適切であるか。

3、運動

特に小学生は、オーバーユースになっていないだろうか。

集中力のある練習はしているか。

年齢や成長に合わせた練習強度であるか。

など、この3つに関する簡単な考え方です。

コンディショニングに関する質問は、これぐらいにしておきますが、

もっと、細かく注意していかなければならないことがあります。

また、このような内容も、今後お話していけたらと考えたいます。

今日はここまで。




メルマガ登録
メールアドレス 必須
 詳細

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました