小学生の息子が野球をしているのですが、最近、腰が痛いと言っているのですが、どうすればいいのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
お悩み相談室

お母さん、どうされましたか?

お母さん
お母さん

はい、小学5年生になる息子が野球をしているんですが、最近腰が痛いと言っておりまして、どうすればいいのかと。

そうですか。わかりました。

整形外科の先生に聞いてみましょう。

先生。

小学5年生の子供さんが、野球をしているのですが、最近腰が痛いと言っているみたいでして、どうすればいいかとご相談なんですが。

医師
医師

わかりました。

お母さん。

 

腰痛といっても、いくつか種類があります。

1、腰の筋肉に炎症があり筋肉が痛む場合

2、脊椎や脊髄に異常がある場合

大きく分けてこの2つになりますが、この2つからまた、症状などによっていくつかの診断名の分かれていきます。

どちらにしても、まず、お近くの整形外科医の診察を受けてください。

いわゆる治療院(鍼灸整骨院・柔道整復・マッサージ・整体・カイロプラクティックなど)に行く前に、必ず医師の診察を受けてください。

医師のもと、問診・触診・テスト・画像診断(レントゲン・CT・MRI)

などの診察を受け、診断名を確定してください。

その結果、状態によって、今後の指示を受けてください。

安静・内服薬・外服薬(湿布・塗り薬)・コルセット装着・注射・手術など、いろいろな指示が出ます。

いわゆる、ギックリ腰のような急性の腰痛でなければ、小学生の場合、疲労性の腰痛や脊椎分離症のケースが多いのではないでしょうか。

疲労性の腰痛の場合、安静・外服薬・物理療法などで、改善していくと思われます。

また、分離症の場合は、状態によって、骨折部の治癒が考えられる場合、コルセット装着による運動の禁止の指示が出る場合があります。

その場合は数カ月間、野球などの運動はできないですね。

また、腰痛の原因として、大腿部裏側のハムストリングの筋肉が硬い場合がよくあります。そのあたりもチェックしておかなければなりませんね。

いずれにしても、腰痛になる原因が必ずあります。

そこをしっかりと追及して、改善していくべきことは改善していかなければなりません。

お母さん
お母さん

はい、わかりました。

整形外科で診察してもらいます。

そして、その結果で今後の事を決めていきます。

そうですね。私もそれが一番早く、誰もが安心して次に進んで行けると思います。

私のジムにも、同じような症状の子供さんが通ってきますが、やはり、股関節周辺の硬さが見られることが多いですね。

そのあたりを、コンディショニングによって改善していくことが肝心ですね。

また。怪我をした場合、数週間や数カ月の運動の制限を受けることが多々ありますが、この時期の数カ月など、後から考えたら大したことはありません。

その時には、焦ってしまいますが、そんな場合にも、その時でしかできないようなことが沢山あります。

そこに集中してやっていくことが、その後の人生を大きく左右することになります。

怪我をすることは残念な事ですが、その時間もかけがえのない時間にしてあげることが大切ですね。

お母さん
お母さん

ありがとうございます。

しっかり治してがんばっていきます。

赤川貴弘 読者登録

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました