2020-01

コーチング

目は口ほどに物を言うとは、本当です。

昔から、目は口ほどに物を言うといわれていますが、これは本当だと思います。すべての心の感情が目に現れてくるのです。
コーチング

体育5を目指せ!

やはり、体育の成績が5をとれるような選手を育てていかないといけないと思います。
スポーツあれこれ

ひらめき?直感?トレーニングしてみよう。

ある監督が『感性』と呼んだこの感覚をトレーニングしてみよう。
コンディショニング

走り込みについて話そうと思います。

野球界は、冬の時期、昔から走り込みと言われることがたくさん行われてきた。このことについては賛否両論ある。今回はそのことについて少し話そう思う。
コンディショニング

冷たい靴の中、冷たい路面、しっかりと温めてから走りましょう

冬場の路面やグラウンドの表面温度はかなり低い、また、シューズの中の足や足趾もかなり体温が下がっている。走り込みなどハードな練習をするのならしっかりと、温めてからやりましょう。
動きつくり

速く動くには、重心を素早く進行方向にむける

いろいろなスタートの形からダッシュの練習をすることがあります。そのように素早く反応して、動き出すには、重心を素早く進行方向に向けることが大切です。
動きつくり

先ずは、まっすぐ走ることから始めましょう

実際に、選手達は、意外と目標に向かって、まっすぐに最短距離を走っていないものです。 先ずは、まっすぐに速く走れるようにならないといけません。
コンディショニング

こんなにも小さくて、細い腕で投げているんだね

子供たちの腕を手を、じっくり見て触ったことはありますか? あんなに小さな手で。細い腕で一生懸命に投げているんです。 無理させられない!って、きっと思うはずです。
コーチング

何故、いつも同じ方向からキャッチボールをするの?

何故いつも同じ相手と、しかも同じような場所で、同じ方向からキャッチボールをするんでしょうか? 少し場所を変える、方向を変える、相手を変えるだけで、より実践に近い練習ができるんです。 そのことを考えてみましょう。
自分らしく生きるには

勉強も野球も、地味な事を、コツコツと頑張ろう

勉強も野球も、地味な事をコツコツと頑張ろう。野球も勉強も、共通することがある。やはり、集中して、1つの事に集中して、頑張ることが大切です。 それが出来ないのなら、まず、机に座り続けることから始めよう。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました