プロ選手から学ぶ、少年野球と親子の関係

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポーツあれこれ

高校野球の甲子園大会や、オリンピック、またはプロ野球のドラフト会議など、

選手本人だけではなく、そこまでに至った親子関係がクローズアップ

されることが良くありますよね。

自分もプロ野球に長年携わっていると、選手のいろいろな形の親子関係を経験しました。

また、最近は自分もジムを経営し、小学生や中学生の子供とその保護者の方と

接する機会が多いんですが、本当にいろいろな形があるもんだなぁと思います。

そして、今回は特にプロ野球選手を育てた親子関係を、見て感じたことを書こうと思います。

もちろん様々な形がありましたが、やっぱり、プロにまでなろうとなると、

強烈な動機や覚悟がなければだめなんでしょうね。

でないと、モチベーションが続かないと思います。

その中でもやはり、一番強烈なモチベーションになるのは、ハングリーですね。

シングルマザーなどで、家庭環境がに恵まれず、経済的にも苦労してきたような

子供たちは、やはり、自分がプロになって、頑張って育ててくれた人を幸せにしたい。

大きな家を買ってあげたいなど。苦労をかけてここまで育ててくれた人に

何か恩返しがしたいという、強烈なモチベーションを持っている人が精神的にも強く、

願望をかなえる強い力を持っていると思います。

また、逆のケースでは、親が自分の時間やお金をすべて自分の為にささげてくれた人に、

感謝の恩返しをしたいと頑張っているケースもあります。

例えば、仕事の前に、子供と早起きをして、一緒にランニングをしたり、

仕事が遅くなって帰ってきても、素振りなどに毎日付き合ってくれる。

もちろん、週末も自分の野球にすべて付き合ってくれる。こんなケースもたくさんあります。

どちらにしても、やはり強いモチベーションを持ち続けるには、単に自分が、

プロ野球選手になりたいとかだけではなく、誰かのために頑張る方が、

モチベーションを高く維持できるのだと思います。

やはり、きっと誰かのために頑張っていることがモチベーションとなって、

頑張りを継続し、常に上を目指してやっていけた。

そして、夢が実現できた。

そんな親子関係を経験している人が多いのではないでしょうか。




メルマガ登録
メールアドレス 必須
 詳細

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました