学校の授業を良い姿勢で受けることこそ、最高の体幹トレーニングです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コンディショニング

私のところにも、たくさんの保護者の方や指導者の方から、相談が寄せられます。特に多いのが、

『体幹が弱いのですが・・・。』です。

特に最近は、書籍でもマスコミでもスポーツの世界でも、『体幹』と言う言葉が多く聞かれるようになりました。私が体育大学で勉強していたころや、プロの世界にコンディショニングコーチとして入った頃には、今のように、何でもかんでも『体幹』「体幹」と言っていなかったように思います。

もちろん、その当時から、腹筋や背筋と言った、いわゆる体幹のトレーニングは、必ず行われていましたし、『プランク』と言われるような、アイソメトリック的な強化メニューも、1分間体操と言って実施していました。

そして最近では、子供たちのスポーツ現場においても、『体幹が弱い』といった指摘をする人が多くみられます。もちろん日頃の子供たちのプレーを見ていてそう思うのでしょう。体幹が弱いから、あのプレーが上手くできない、と言ったことは大いにあると思います。体幹が弱いから、ちゃんと歩けない、ちゃんと走れない、ちゃんとプレーできない。もちろんそうなのですが・・・。

私は、自分自身がいろんな種類のスポーツを経験してきて、また、指導してきて、『体幹』について一番思うことは、体幹の強化の一番大切なことは、日頃からの姿勢に対する意識だと思うのです。

例えば、モデルが、さっそうとウォーキングしている姿。女子アナウンサーが、綺麗な姿勢でテレビに映っている姿。映画俳優が、格好よく立っている姿。このすべてが姿勢に対する意識だと思うのです。これこそ、最高の体幹のトレーニングだと私は思います。

特に私が見ていて感心するのは、女子プロゴルファーのトッププレーヤーのラウンド時の歩く姿です。やはり年間を通じて、安定した成績を残している選手は、立ち姿も歩く姿も非常に美しいと感じています。

姿勢と言えば、ウエイトトレーニングにしても、例えば上腕のトレーニングをしていても、しっかりと良い姿勢で立って、その姿勢をしっかりと維持しながら、上腕のトレーニングをしていると、その時は同時に、体幹の筋肉に対してもしっかりとトレーニングできているのです。種目により、良い姿勢は異なるのですが、良いフォームでしていることが、しっかりと体幹にも刺激がいっているのです。

ですから、先ずは意識すること。子供たちの生活においては、まず、授業中の姿勢を正すことです。こんなこともできないようでは、スポーツの技術向上なんてありえないでしょう。

私たちの子供の頃は、授業中の姿勢について、非常に厳しく教えられてきました。しかし今の子供たちはどうでしょう。45分・60分の授業をしっかりと言い姿勢で受けていられるのでしょうか?

先ずはこの最低限の事をしっかりとできるようにならなければ、いけないのではないでしょうか。

最新のトレーニングもいいです、流行りの体幹トレーニングも、もちろんいいでしょう。

しかし、先ずはしっかりといい姿勢で、チャイムが鳴るまで授業を聞けるようになりましょう。

そのようなことは、特別なトレーニングなどしなくても、意識ひとつでできるのです。意識するだけで、誰でもできることです。

最近は、電車に乗っていても、中学生や高校生が、床にへたり込んで座っているような光景を見かけることがもあります。何とも情けない、お行儀の悪い格好です。ましてやそれが女の子なら、悲しい気分になってしまいます。そんな子供たちは、学校の授業でも、まともに聞いていられないでしょう。それだけ体力がないのですから。本当に情けない時代です。身体ばかり大きくなっても、まったく体力がありません。

また、世の中が、スマホであふれている限り、今よりもっと姿勢の悪い人が増えてくるでしょう。

そんな世の中ですが、まず一番簡単にできること、それは学校の授業をしっかりとした姿勢で聞くことだと私は思います

先ずはここをしっかりとやっていってほしいと思います。

そこが抜けていて、いくら最新の体幹トレーニングなどしていても、何の役にも立たないと私は思います。

意識すればできることです。実はこれが一番簡単で、一番難しいことなのですが・・・。

野球が上手くなりたければ、スポーツが上手くなりたければ、これくらいの事はできるでしょう。

もし、これぐらいの事も、意識してできないのであれば、技術の向上なんて諦めてください。

以上、学校の授業を良い姿勢で受けることこそ、最高の体幹トレーニングです。でした。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました