少年野球と練習スケジュール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポーツあれこれ
Baseball on the Pitchers Mound

小学生の練習なのに、何故あんなにも、野球の練習は長いんでしょう。

土日・祝日なんか、ほぼ一日中です。

まぁ、大会の日は仕方ないにしても、練習試合だったら、半日でいいと思います。

現に、中学校軟式野球部なんか、練習試合を組んでも、2試合を半日で終わります。

小学生のに時期に、一日中は、やり過ぎだと思います。

集中力が続くわけもなく、だらだらとしてしまいます。

また、一番肝心な、身体を大きく成長させるエネルギーを使い切ってしまいます。

この時期に、しっかり成長のためのエネルギーを残しておくのもとても大切なことなのです。

半日だけ集中して活動し、余った半日は、それぞれの家庭で使うべきです。

また、半日の、約3時間から4時間の練習プログラムの中に、もっと身体に関する

メニューを組み込むべきです。

我々の時代とは違って、最近の子供たちは、身体は大きのですが、全然体力がありません。

また日頃から、外で身体を使って遊んでいないので、いろんな体の使い方がわかっていません。

練習の3分の1~4分の1ぐらい、コンディショニングに関するメニューをすればいいと思います。

いろんな遊びの要素をとりいれて、いろんな刺激を経験させるべきです。

「せっかくの野球の練習の時間なのに」と思ってしまいがちですが、長年、いろんなレベルの

選手やたくさんの子供たちを見てきた私が感じているのだから、間違いないと思います。

はっきりいって、その子供の、走る姿や、動いている姿を見れば、その後の野球のレベルは

見当がつくのです。だからこそ、幼稚園や小学校の時期に、野球だけではないいろんな刺激を

与えるべきなのです。でないと、運動レベルの成長は少しだけで止まってしまいますよ。

野球の実技練習なんて、この先いやというほどさせられるのです。

その前に、スポーツをする器を大きくしておかなければなりません。

慌ててはいけません。大きく大きく育てるのです。

どんなスポーツをしてもうまくできるような子供を育てていくことこそ、

野球がうまくなる伸びしろが増えるのです。

技術練習や試合ばかりやらず、もっと身体の事を練習メニューに

入れてほしいと思います。




メルマガ登録
メールアドレス 必須
 詳細

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました