身体を変えないと、言われたことはできないよ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コンディショニング

いろんな種目の選手のコンディショニングをみることがあります。

今日、お話ししたい内容について、特にこのような悩みが多いのがゴルフ愛好家です。

腰が回らない。肩が入らない。トップが浅い。もっとフィニッシュをしっかりときめたい。壁が作れない、など。技術的というより、身体に関係しているように思える悩みが多いのです。

実際、私がみてみると、望んでいるフォームができる身体ではないことが非常に多いように感じます。

そんな時、私はこのように伝えます。

「この身体では、あなたの理想のスイングはできませんし、ティーチングプロが言っているようなフォームにはなりません。このままでは、何百球・何千球ボールを打っても、あなたの言っているフォームにはなりません。あなたの身体は、今、あなたの求めていることができる身体ではありません。フォームをもっと良くしたいなら、身体を変えないと変わりませんし、逆に言うと、身体が変われば、あなたの求めているフォームになることは簡単です。」と。

先日も、40代女性のゴルフ愛好家の方が、私のジムでコンディショニングを開始しました。

「ゴルフのために、もう少し筋力をつけたい、身体を少し、絞りたい。」という希望。

フォーム的には、「最近トップが浅い、フィニッシュも浅くもう少し最後までフィニッシュを振り切りたい。」という悩みを持たれていました。

コンディショニングを開始すると、予想通り、悩んでいるフォームを改善できる身体ではありませんでした。股関節の使い方のイメージがまるでつかめていませんし、胸のあたりから、肩甲骨の周りがあまり動いていません。身体がしっかりと、回せるような柔軟性がありませんでした。

いろいろなエクササイズをしていくと、あまりにも今まで気付かなった個所が硬いので、本人もビックリ、そして納得。

自分の今までイメージしていたものが根底から崩されたかのようでした。

そして一時的に、私が柔らかくすると、自分のイメージしていたフォーㇺがすぐに出来たので、またビックリ!

「ほらね、身体を変えるとイメージ通りのフォームが簡単にできるでしょ。でも、今やったのは一時的に改善しただけなので、また明日になったらすぐに戻ってしまいます。ですからそうならないように、これから頑張って、コンディショニングしていきましょうね。」と伝えます。

本人も「今から打ちっぱなしに行って、練習したくなってきました。」と言って笑顔になりました。

このようなことが、とても多いのです。

野球の場合にも特に多いのではないでしょうか。

よく技術コーチが言います。

「肘の位置が低い、もっと肘を上げろ!」「もっと肩を回せ!」と。

もちろん、技術的に肘が低かったり、肩が回っていないこともあるでしょう。

しかしながら、その大半は、そのような動きができる体の状態ではないということなんです。

いくら数を練習しても修正できないでしょう。もし一見修正できたとしたら、それはほかの部分が本来とは違う動きをして、一見修正できているように見えているだけなのです。

逆に、選手の頭の中は混乱してしまいます。

そうではなく、その動きが出来ないのは、身体に原因がある場合がほとんどなのです。

元々その選手が持っていた柔軟性が低下していたり、バランスが崩れていたりすることによって、本来、意識せずに出来ていた動きが出来なくなっていることが沢山あるのです。

だからこそ、技術を教えるということは難しいですし、奥が深いのです。

野球やゴルフだけでなく、日頃、選手に技術を教えている様々な種目の指導者の方、また、自分の子供さんなどに付き合って、指導している保護者の方々、もしイメージ通りのフォームが、なかなか出来なかったり、元々出来ていたものが出来なくなっていたりした場合には、もしかしたら、その動き自体が出来ないような、体の状態であるかもしれないと、頭の片隅に置いておいてください。

このような場合、もちろん、コンディショニング不足による、疲労が原因の事がとくに多いのですが。

今しようとしていることが、知らなかったから出来ないのか、知っていてもなかなか出来ないのか、元々出来ていたものもが出来なくなってしまったのか。いろいろなケースがあります。

フォームを修正・改善するということは、とても大変です。

いろいろな角度から考察して、指導していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました